Statement

日常の中で触れる様々なイメージの中から人を抜き取り、再構成して描いています。
私たちはいつも群像の一員です。「個」として存在している私は、日々の多くの時間を群れとして過ごす中で、声や表情、におい、癖、そんな固有の要素を削ぎ落とされ、匿名性を帯びながらフラットな「人」へと変移していきます。そんな「個」と何物でもない「何か」との間を往還する存在として、人々の姿を描いています。
どの場面を描く時も共通して、登場人物たちはインターネットや雑誌などで集めた写真や画像などからも躊躇なく採用していきます。実際に目にしたものよりも、バラバラに集められた「キャスト」を、キャンバスというステージに配置していくことで再び現れてくる状況のようなものの方が、むしろ絵に他者性・多様性を与えることができるし、描かれたシチュエーションが一気に無意味=フラットな「人」になる瞬間を持ち込むことができると考えているからです。
そんな曖昧な存在としての「人」に関心があり、焦点を当てて制作しています。

I always capture and cut out the fiures of people from the images I encount in my daily life and re-compose to depict them.
Every one of us is a part of crowd. We exist as “individualities” though, while spending in the crowd, we gradually lose one’s significant elements such as voices, expressions, smells or some habits, and after all each one becomes a flat and non-signified “human”. I focus on the people who come and go between one’s “individual” and the flat meaningless “something” and depict them.
Whichever I work on depicting, I search and collect the casts for my work without any hesitation from the pictures or illustration drifting on the internet. I feel that the casts collected in random would effectively features the reproduced situation to add the artwork the irrelevancy and the diversity when I edited them on the canvas. And then it would lead the scene to an instant meaningless that make us see the moment when people vary into a flat and meaningless. I am interested in “person” as such an ambiguous existence, I am focusing on depicting them.
(2019/1/18)